採用される面接の受け方

採用に関して条件とインターンのライフ生活

インターンとは、もともと住んでいた地域などに戻ることを指さします。

インターンという言葉は、この他にも例えば、医学生などが大学を卒業した後に、研修医として就職した先が他の大学系統の病院などであった場合、数年してからもともとの大学の大学病院などに戻ることも、インターンと呼ばれます。

つまりは、インターンという言葉は「もともといた場所に帰る、戻る」という意味合いが強い言葉となっており、採用などの段階でも、このような言葉はよく使用されています。

一方で、ライフという言葉ですが、これは英語から日本語に訳すと、「命」という意味と「人生、生活」という意味になります。

採用の場合などにこの言葉が使われる場合には、「ゆとりのあるライフを過ごしましょう」という言葉などで使われることがあり、例えば農業などの誘致に使われることがあります。

もともと、地方にお住まいだった方が、地方に戻って、農業生活での暮らしとして、採用を求めているならば、「会社員として縛られることのないライフ」を送ることが出来ますし、そのようなプラスの意味で使用されることが多い言葉です。

ライフという言葉は人生そのものを表す、という意味もあるため、人生に対してやりがい、これからの生きがいなどを失ってしまっている方に、老後は「インターンをされて農業ライフを楽しみませんか?」と言った採用などがあります。

雇用の際にこのような言葉、インターンやライフなどが使われるものであり、また上記のような医学生などに対して、「地域の担い手となってほしい」という意味合いから、インターンを勧めている地方の医学部などもあります。

このように採用の場面で多く使われる言葉が「インターン」と「ライフ」になります。