採用される面接の受け方

商社における保育士採用について

近年の待機児童の増加や保育士の人材不足の深刻化によって保育士の求人は様々な会社や施設から数えきれないほど出ています。最近では一般企業も保育事業に参加しているところが多く、企業が運営する保育園があったり、企業内保育所としてその会社に勤務する社員の子どもを同じエリア内で預かるサービスを福利厚生といて取り入れているところも増えています。
その中でも保育士の採用に力をいれている企業として商社があげられます。商社では社員の業務の効率化や時短勤務などに柔軟に対応するために企業内に託児所や保育施設を設けているところが増加してきており、この託児施設で保育を担当するスタッフはもちろん商社の社員として採用されることになります。
もちろん採用されるにあたっては保育士や幼稚園教諭の資格はもちろん必要であり、これに加えてある程度の現場での経験や知識があれば条件も優遇されやすいといえます。
商社に保育士として採用されるということは、経営基盤がしっかりとしている商社における採用なので給料面でも一般的な保育士の給与に比べて高収入が見込め、会社の定時に合わせて社員である保護者の方がお迎えにくるので時間外労働なども最小限に抑えられることもメリットであるといえます。また会社の福利厚生なども他の社員と同様に受けることが可能なので、休暇なども取りやすい環境にあり、心身ともにしっかりと休んでメリハリをつけて保育士として生き生きと働くことのできる環境が整えられているのも魅力の1つであるといえます。
商社の保育士の求人情報は転職エージェントや転職専門求人情報サイトが案件をもっていることが多いので、サイトに登録するなどして効率よく求人情報をチェックすることが採用までの近道です。