採用される面接の受け方

プログラマの仕事で採用されたのに販売に回されるのか

最近の企業に於いては企業内の組織だけでなく、企業間の連携も非常に強くなっています。そのため特に幹部社員に於いては社内のすべての部署に関する知識を保有する必要があるほか、対外的な折衝能力も重要なスキルになります。その為、専門外の部署に異動になったり、希望する職場以外の職場に配属されてしまうことも少なくありません。
最近の企業で比較的多いのが技術系の大学を卒業して技術系として採用されたのに、実際に配属された部署は事務系の職場であったという例です。これでは技術系の大学を卒業した意味がない、事務系の人は他にもいるのになぜと思う人は多いものです。例えばこれがプログラマとして入社したのに実際の配属先が販売であった場合には、全く違う職種で戸惑ってしまうかもしれません。しかし、企業の仕事の進め方を考えた場合には、プログラマが販売の仕事を経験することは、非常に重要な事でもあるのです。
プログラマの仕事は基本的にはプログラムの使用を元にこれをコンピューターが動作するためのプログラムを作成する仕事です。そのプログラムを作成する目的は顧客のシステムを構築したり、ソフトウェア商品をつくるという目的が有ります。そしてそれらは顧客の元に届けられ顧客の満足を得て初めて価値が有るのです。その顧客と対面するのが販売の仕事です。すなわち、プログラマにとって販売の仕事を経験することは、顧客の望むものを作る事が出来るプログラマとして非常に重要な事であると言えます。
古くはプログラマは技術のみを追求し、販売はプログラマの作ったものをその力量で販売するという形が一般的でした。これは物を作れば売れると言われた時代の方法ですが、現代社会では顧客のニーズに合わせたものを作らないとなかなか売ることはできません。プログラマが販売の仕事を経験することは、非常に重要な意味を持つものなのです。