採用される面接の受け方

採用されるための面接マナー

面接をするからには採用されたいですよね。
学生時代の面接は、とにかく数を重ねることが必要とされています。 中途採用面接は、新卒が受ける面接とは違った方向で向かっていくことが必要です。 さすがに、新卒と同じ内容を面接で言うわけにはいきません。
面接時のマナーとして、最低限の準備は必要です。 何も準備をせず、考えてもいなかったことを質問されてしまうと、頭の中は真っ白になり、本来の自分を伝えることができません。 一番大切なことは、面接を受ける会社をしっかり把握していくことです。 社長名や事業内容はもちろんですが、社訓を含め企業が求める人物像を知ることが重要です。 面接では人物や人柄をしっかりと見極めている企業が多く、この会社に合う合わないを判断しています。 しっかり自分の意見を伝えられるよう、これは伝える、という項目をしっかり整理しておく必要があります。
新卒採用時には、一般常識や面接で判断がされますが、中途採用時については面接のみの企業が多いのが現状です。 その為、最低限の行動は重視されています。
履歴書に資格や功績がいくら書かれていても、面接に平気で遅刻をしてきたら、企業側としては採用をためらいます。 もちろん面接時の言葉使いも同様です。学生言葉という言葉があり、一見敬語に感じるのですが、実際の社会だと敬語ではない物があります。 平気で学生言葉を使用し続けると、この人は大丈夫だろうか、という採点をされてしまいます。面接官が何かしらの違和感を感じ取れば、その時点で不採用が決まってしまいます。 ただ、フランクな社風の会社であれば、逆に好印象を受ける可能性もあります。
事前の企業自体の調査は、面接時には必須となります。 気持ちよく採用されるために、面接のマナーを大切にしましょう。

採用されない人の行動

就職活動では、採用されるための努力をだれもがしていると思います。しかし、採用されない人の事例は研究しない人が多いのではないでしょうか。ダメな事例を学んでも、むしろマイナスになると考えてしまいます。しかし、採用される人になるためには、採用されない人の事例を学んで、そこから遠ざかる努力をすることが近道なのです。
採用されない人の特徴として、社会人としてのマナーがない人が一番にあげられます。例えば、面接の時に遅刻をしてくる人などは論外でしょう。もちろん、マイナスポイントを上回るプラスポイントを主張できれば受かる可能性もありますが、そのような素晴らしい長所を持っているなら、だれも苦労はしないでしょう。
絶対にNGな行動として、嘘をつくことがあげられます。履歴書にはいろいろと良いことを書いているのに、実際に面接でそのことを聞かれると、しどろもどろになってしまってうまく答えられないと、面接官は履歴書の内容で嘘をついていると判断してしまうかもしれません。
面接で関係のないポイントばかりをアピールしてしまうことも、あまりよくありません。肉体労働の仕事なのに、英語ができるとか、学歴や資格ばかりをアピールしたりすることは、アルバイトでは許されるかもしれませんが、正社員の仕事では落とされる可能性の高い行動です。アピールできる時間は限られているので、その仕事で自分がどのように役に立つのかをしっかりとアピールしましょう。
チームワークを重んじない人も、採用されない人です。特に、集団での面接では、自分勝手な行動をしてしまうような人は落とされる傾向があります。集団での面接では、協調性をアピールするチャンスと考えて、チームワークを重んじましょう。

面接官が採用を決めるポイント

面接における採用基準のひとつに、人柄重視と言う言葉がありますが、この言葉が特に書かれていない求人案件でも、同じように言える採用基準の大きなひとつです。
では、この採用基準がどのような場合に活きて来るのかと言えば、年齢や経験、経歴が甲乙付けがたい場合に重視されるポイントとなります。
数年から10年の社会人経験者なら、社会人としてのマナーも身に付いており、その人となりに完成された人間性は、採用後の成長を計るには、十分な条件を揃えていると言えるでしょう。
また、この年齢の経験者であれば、即戦力を重視していると言えますが、更には、会社を支える次期中堅となる可能性もある為、人柄を軽視する分けには絶対に行かないのです。
次に、新卒や未経験者などの若年層を採用する場合、会社の将来を担う人材となる可能性を託す部分もある為、人柄は重要な-ポイントとなります。しかし、入社後の教育や経験により、大きく成長する可能性を秘めている為、一概な人柄の基準だけでは難しく、学生時代の活動や得意学科、趣味なども加味される事となります。
では中高年の場合はどうでしょうか。
募集の業務を出来る能力があるなら、健康面・体力面を除けば、残る採用基準は、人柄だけと言えるでしょう。
中高年の中途採用者が、若手の社員や中堅の社員と同じに働くのは、精神的に容易で無い事は想像できますから、人格者であり、温厚な性格が好まれるのは言うまでもありません。
このように、どの世代においても、人としての評価基準である人柄は数値化が出来ない為、身なりや姿勢、言葉遣いと言った、様々な点から総合的に評価されます。
人柄を別な具体的な言葉で言うなら、『誠実』である事、『誠実』な性格に見える事が、面接において、面接官が採用を決めるポイントと言えるのでしょう。